FAQ

イメージ
Ankylos インプラントシステム
s-ankylos_01.jpg
AAP 米国歯周病学会

American Academy of Periodontology  米国歯周病学会

機関誌はJournal of Periodontology

s-AAP_01.jpg

AAED 米国審美歯科学会
American Academy of Esthetic Dentistry 米国審美歯科学会

審美歯科治療を志す各々のスペシャリストが、全米より結集し1975年に発足した米国の審美歯科学会。
厳格な入会審査があり、会員に認定されるだけでも米国歯科界のエリートである。
日本では、American Academy of Cosmethic dentistryの学会と混同されやすい。
ADA
米国歯科医師会

EAO 欧州インプラント学会
European Association for Osseointegration  欧州インプラント学会

1991年にミュンヘンで創設された科学的なインプラント治療と芸術性を高める専門家による国際的な学会。当院はInternational 会員
 
機関誌はClinical Oral Implants Research

s-eao membership_01.jpg

EBD
Evidence Based Dentistryの略語、歯科学のEBM。

そもそも、医療はExperience Based Medicine(経験に基づいた治療)を行うことがほとんどであったが、近年は、Evidence Based Medicine(科学的な根拠に基づいた治療)へシフトし、患者さんの主訴、状態にあった治療の選択を行うのが世界的潮流になっている。
それに伴い日本においても、歯科医師が治療行為を行うにあたって、質の良い英論文に基づいた治療ができる能力を見に付ける事が要求され始めている。

米国歯科医師会によるEBDリサーチサンター http://ebd.ada.org/

Dr.Harold Shapiro
米国メイン州の審美歯科医
Dr.Lloyd.L. Miller にその才能を見初められ、Dr.Millerの後継として タフツ大学の補綴臨床教授を務めたのち、米国メイン州にて審美補綴診療に従事。
 
米国は患者さんからの審美的要求が高く、審美歯科を標榜する歯科医での審美治療は高いレベルであるが、その中でも世界トップクラスの技術を持った審美歯科医であった。
 
 Dr.Harold Shapiroのオフィスに7年間勤務されていたBCSラボラトリーの渡辺氏に取り持っていただき、1998年にDr.Harold Shapiroから直接、審美補綴治療の手ほどきを受ける事が可能となった。

  s-888888_0002_03_02.jpgs-888888_0001_03_02.jpg
 
Jounal of Clinical Periodontology

ヨーロッパ歯周病学会の機関誌

歯科学に関係する雑誌の中、最も高いImpact Factor 3.549を有す。

近年、アメリカ歯周病学会の機関誌であるJournal of Periodontology、歯科材料マーケット情報に

偏った論文が多いため、Journal of Clinical Periodontologyの方が、科学的な論文が多く見られる。

Dr.Lloyd L. Miller, DMD
元タフツ大学補綴学臨床教授
セラミックスの歯の色調に対して、Gnathos Dental Color Systemを開発。

American Academy of Dental Science
American Academy of Crown and Bridge Prosthodontics
Northeast Prosthodontic Society
American Academy of Esthetic dentistry
 
などの学会のPresidentを歴任。
 
dr_miller.jpg

 
愛光学園

愛媛県松山市に1953年に創設された中・高一貫のドミニコ修道会を母体としたカトリック系の学校。

「世界的教養人として愛と光の精神で社会貢献活動を行う」と言った思想を信条とし、入学時にわれらの信条を合唱し、在学中に道徳心を培う基盤が作られる。

27期が在学時は男子校であった。

2度にわたって南極越冬隊帯同医師を務めた原 稔氏を筆頭に、現ラグビー日本代表帯同医の村上秀孝氏、(株)ウエシンパトーナズ代表取締役の植田晋司氏、日本テレビチーフクリエーターの森實陽三氏、また他にも国土交通省事務官や厚生労働省事務官などなどバラエティに富む面々が揃う。

愛光学園

http://www.aiko.ed.jp/ 

アンキロスインプラントシステム
s-ankylos_01.jpg

インプラント ネット
全国のインプラント歯科医院を検索するサイト
ban-imp.jpg

医療広告ガイドライン
医療業における広告は、受診者の安全性の確保ならびに医療機関の品位を損なわないよう、厳しい広告規制があった。
ホームページは広告には該当しないものの、ガイドラインを遵守した形式での運用が望ましいと厚生労働省から通達されている。
 
医療広告ガイドラインに関するPDF集
 
また日本医師会においても、ホームページ記載内容に対してガイドラインが出されている。
医療費控除
日本の所得税及び個人住民税において、自分自身や家族のために医療費を支払った場合に適用となる控除。所得控除であり、物的控除である。
エビデンス
簡単にあらわすと「科学的根拠」のことです。エビデンスの最も大きな特徴としては、権威や個人の経験によらないということだけではなく、生化学的、または生理学的な研究によって得られた知識や説明も重視しないで、無作為的な大規模実験の結果を、「根拠」として最重視する点にあります。
咬み合わせネット
咬み合わせ総合サイト
kamiawase-bn.gif

矯正歯科ネット
全国の矯正歯科医院を検索するサイト
kyouseishika.gif

黒沢内科 黒沢明彦先生
前 順天堂大学消化器内科学講座准教授

日常臨床において歯牙酸蝕症に遭遇する割合は比較的多く、胃食道逆流症(GERD,NERD)、逆流性食道炎の病態・治療を依頼。

前 山梨県保険医協会会長、 笛吹市医師会会長の黒沢駿光氏の後継として
現在は山梨県笛吹市石和町にて開業
国民健康保険診療
健康保険診療のことです
口臭測定器
日本において流通している3大口臭測定器には、ハリメーター(inter scan Co.)、ブレストロン(ヨシダ)、オーラルクロマ(アビメディカル)がある。

datamanager.gif
測定器それぞれでニオイ検知の基準が異なっていること、不快な口臭という閾値設定が不可能なことから口臭患者の診断を付ける科学的根拠の構築は困難である。
強いて言えば、オーラルクロマはガスクロマトフィであることから歯周病性の口臭検知には有効であるかもしれないと思われる。

ザイブインプラントシステム
 
 
xive_01.jpg
審美歯科ネット
全国の審美歯科を検索するサイト
shinbi.gif

篠田歯科 篠田 純 先生
西堀歯科勉強会 ISCT 研究会抄読会の座長を務める。
会では明晰な頭脳と沈着な判断を持つ優しい人柄で、人気。

東京医科歯科大学 歯学部 出身
日本歯周病学会認定
歯周病専門医

また精巧な歯科治療を心がける救歯会の若手メンバー
のホープでもある。

篠田歯科
歯科医籍登録
歯学部もしくは歯科大学における正規の過程を修め歯学士を習得後、歯科医師国家試験を受験。
歯科医師国家試験合格後に厚生労働省に申請することによる歯科医籍登録をもって、歯科医師として認可登録される。

医師等資格確認検索
ストローマンインプラントシステム

straumann.jpg






スタンダードプレコーション
1985年HIV感染予防のため考え出されたユニバーサルプレコーションの修正版として、1996年に病院隔離予防策ガイドラインが、スタンダードプレコーションとして米国疾病管理予防センター(CDC)から発表された。

スタンダードプレコーションの概念は以下のとおり
「全ての患者は未同定であり、感染の可能性のあるものと取り扱い、針刺し事故の防止や血液曝露に対する対策を講じようとする考え方であり、全ての患者の体液、排泄物、血液、病理組織、抜去歯は感染の可能性のあるものとして取り扱う。」

歯科医療における感染管理の為のCDCガイドライン



デジタルレントゲン
歯科は硬組織へのアプローチが多い事から、診断や術後審査においてレントゲン撮影を多用します。
以前はレントゲンフィルムを用いるものが主流でしたが、近年はレントゲンをデジタル化することにより医療被曝を軽減すると同時に、医療廃棄物も減少し、環境にやさしく対応する時代になっています

CDR_pic1.gif
画像をデータとして保存するため必要に応じてネットワークですぐさま利用が可能になる時代が来るでしょう たとえば、緊急の事態で、いきつけ以外の病院にかかったり、他科の病院にかかった際、レントゲンの再撮影をしなくてもデータが共有できれば、時間も費用も節約できるようになります。

東京版・審美歯科ネット
東京版・審美歯科ネット 東京版・審美歯科ネット
東京版・矯正歯科ネット
東京版・矯正歯科ネット 東京版・矯正歯科ネット
東京版・インプラントネット
東京版・インプラントネット 東京版・インプラントネット
なると歯科 小林成人先生
西堀歯科勉強会所属

審美治療の第一人者、特に審美インプラントを得意とする期待の若手歯科医師。
東京医科歯科大学高齢者歯科学講座に所属していただけあって、義歯(入れ歯)も自分で作れるオールマイティーな歯科医師。

注)入れ歯を作る作業の中で歯を並べる人工歯排列という工程があり、補綴的審美治療が上手な先生は、このトレーニングをした人が多い。現在の治療トレンドは圧倒的にインプラント治療に偏っており、若手歯科医師の基本的手技の取得が困難な状況となっている。
そういう事からインプラント治療を行う上でも作業工程が似通っている点と治療選択肢という2点を考えると義歯を作れる歯科医師の選択がベストと考えられる。

埼玉県さいたま市南区白幡にて開業
日本歯周病学会

日本歯周病学会は、自分の歯を1本でも多く残すことを目的に1957年に設立された学術団体。

会員の構成は、大学の臨床講座の会員、基礎講座および開業歯科医の会員、加えて歯科衛生士の会員の比率が多い。このことは歯周病という疾患の病因、病態や治療法の多様性を強く反映している。さらに、平成16年度からはNPO法人として新たに発足し、より公益性の高い組織をめざしている。

また歯周治療における専門知識と技術を有する歯科医師を育成するとともに国民の口腔保険の増進に貢献する事を目的として認定医、専門医、指導医の資格がある。

日本歯周病学会


西堀歯科勉強会( ISCT研修会)
日本歯周病学会研修施設である医療法人社団 歯周会に所属されている先生方を中心に、1987年より金曜日の診療後に毎週行われている歯学勉強会。

Interdisciplinary Study Club Tokyo と言う会のネーミングどおり、インプラント、歯周病、補綴、矯正、審美治療などの、歯科治療全般を網羅した英論文を数本づつ隔週にて抄読している。

別の隔週では、西堀先生座長の下で各会員の臨床症例発表を行う事によって、EBMに基づいた治療の実践に努めている。極めて科学的な臨床技術のアップデートと検証を常に行い、知識と技術のスキルアップを目指している歯学勉強会である。

主宰されている西堀 雅一先生は、東京医科歯科大学で歯科麻酔認定医取得後に渡米、米国ペンシルベニア大学にて歯周科、歯周補綴科の専門医を取得された。

その後米国歯周病専門医の中でもトップクラスの方が在籍するAmerican Board of Periodontology に日本人として初めて認定を受ける。帰国後も日本歯周病学会認定の専門医かつ指導医を取得され後進の育成、指導にあたっている。

年に数回、西堀 雅一先生を慕って集まる国内外の著名なドクターによる講演もある。

study_group.jpg西堀歯科勉強会
歯医者さんネット
全国の歯科医院を検索できる歯科総合サイトです。
haisya120.gif

ブローネマルクインプラントシステム
s-nobelpharma_01.jpg

ルートフォームタイプインプラント
ルートフォームタイプインプラントは歯根型インプラントで、現行のインプラント体の中でもポピュラーなタイプのインプラント。
スクリューあるいはシリンダー状のインプラント体をあごの骨に埋め込み、オッセオインテグレーション(骨結合)する事で骨と一体化する。

各種のインプラント体は形状と骨との界面性状はメーカーごとに違い、メリット(長所)は謳われるものの、デメリット(欠点)が謳われる事は無い。

よってそれぞれのインプラント体の特徴を知るには客観的な信頼ある研究論文を読み込まないと判らない。

Branemark, Straumann, Astra Tech,  Dentsply, 3i , ZimmerらがADAで認められているメーカーであり、残念ながら国産のインプラント体は予後データーが未公表のものが多く、スタンダードで無い。 

診療時間

         
         
         
         
         
         
         
[火水木]10:00〜13:0014:00〜19:00
  18時30分 最終受付
[金土日]10:00〜13:0014:00〜18:00
  17時30分 最終受付
[休診日]月・祝日

自由が丘 田川歯科医院
158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目41-13 2F
03-3722-3115

スタッフブログ