blog

スタッフ・ブログ

イメージ写真

治る!最前線, 歯周病 の 最新治療

2012.02.05 |
歯周病治療は専門的な知識と高度な治療技術が必要なために、重症であればあるほど治療効果が現れにくい病気です。

ですから日本歯周病学会は専門医制度を設け、重度の歯周病治療に対応出来る歯周病専門医を輩出しています。

そんな事情にもかかわらず、「歯周病は1日で治る」、「レーザーで簡単に治る重度歯周病
」、「歯周病はお薬で治ります」、「歯周病が治る不思議な水」、「歯周病の原因はカンジダ菌だった!」、などの間違ったEBMを引用した治療法がインターネット上を賑わせています。

そのような民間療法的治療に対し、日本歯周病学会はポジションペーパーの形で学会声明を発表していますので、このような治療を検討されている方は治療の前に是非ご一読ください。


2012年02月03日は抗菌的光線力学治療法(a-PDT)を 歯周病 (歯槽膿漏)治療に応用した論文を抄読しました。

歯周病(歯槽膿漏)は歯肉が細菌感染することで起きる病気であり、歯肉(歯周組織)に浸透した細菌を光線力学で除菌し 歯周病 (歯槽膿漏)を改善しようと試みる治療が近年流行っており、その治療を抗菌的 光線力学治療法と言います。

『全身にかかわる病 歯周病 の最新治療』のタイトルでテレビ東京のワールドビジネスサテライト番組内でも紹介された今話題の 歯周病 (歯槽膿漏)治療法とのこと。

その抗菌的光線力学治療法の実際を抄読してみました。

web_photo33.jpg
毎週金曜日は、American Board of PeriodontologyのMemberである西堀 雅一先生の院内勉強会にお邪魔しております。








この論文は整合性ある研究デザインで研究されていました。

従来の歯石除去治療(コントロール群)と歯石除去+a-PDT併用治療(実験群)の比較を細菌数変化を指標に研究されたまともな研究です。

歯周病を引き起こす原因菌は数種類もあるのですがこの研究によると、a-PDT併用治療では1種類の細菌にのみ有効であったという結果でした。

その結果を踏まえた総論では、従来の歯石除去治療に比べa-PDT併用治療が細菌を除菌する能力は勝ってはおらず、スケーリングやルートプレーニングなどの歯石除去治療がきちんと出来さえすればa-PDT治療を併用しても結果は一緒と結論づけられていました・・そりゃあ当たり前です。

(専門医と一般歯科のスケーリングの違い:歯周病専門医の行う歯のクリーニングとは?

逆を言えば歯石除去治療が上手く出来ていなければa-PDT治療も上手く行かない。

事実、他院でa-PDT治療を受け全然良くならないと当院に起こしになった患者さんのほとんどに歯石の取り残しがありました。


2本目に読んだこの論文は、序論からa-PDT治療の有効性を謳う論文はメーカー主導で研究されているものばかりで適確な研究が無いと言い切った上で、今まで発表されたa-PDT研究論文を総括(systematic reviewとmeta-analysis)している論文でした。

それによると、a-PDT研究のほとんどにバイアス(偏向)がかかっており、サンプル数、観察期間も少なく、肝心である有効性と安全性さえも検討されていないとのことです。

結果、a-PDT治療が従来の歯石除去治療より効果的であることは立証されておらず、a-PDT治療法をルーティン(治療の手順)とする 歯周病治療は、推奨されるものではないとまで考察されていました。

歯周病(歯槽膿漏)治療の最新治療として取り上げられていたa-PDT治療。

テレビ東京のワールドビジネスサテライトの紹介とは180度違う意外な結論です・・
タイアップ番組だったのでしょうか?

ただし上記論文の中の1部のデータには効果を示すものがあったので、適正な実験デザイン下での今後の研究を期待すると論文の著者がコメントしていたのを追記しておきます。

成人の8割が罹患していると言われている 歯周病 。

心疾患 や 糖尿病 など 全身疾患 との関連が近年報告されはじめたことから、 歯周病(歯槽膿漏)治療に対して様々な治療法が世界中で研究されていますが、 歯周病専門医が従来行う治療を超えるような治療法は、まだまだ見当たらないようです。

歯科分野とて専門はあります。歯周病治療はプロにお任せいただいた方が、お金も時間もムダにならないことでしょう。それよりも民間療法は逆に重症化を招きます。くれぐれもご注意ください。

【関連するブログ記事】


診療時間

         
         
         
         
         
         
         
[火水木]10:00〜13:0014:00〜19:00
  18時30分 最終受付
[金土日]10:00〜13:0014:00〜18:00
  17時30分 最終受付
[休診日]月・祝日

自由が丘 田川歯科医院
158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目41-13 2F
03-3722-3115

スタッフブログ