blog

スタッフ・ブログ

イメージ写真

科学的な歯科治療(part 6)

2010.09.24 |

いかにして、論文を読めば良いのか?

実際に論文を読むために,定式化した問題をキーワードとして、Pubmedを利用し抽出すると、キーワードによっては膨大な量の論文がヒットしてきます。

その際に我々は「どの論文が患者さんの望む治療結果(Outcome)に近似するものなのか?」という答えを導かねばなりません。

そこで論文の真偽を見極める能力が必要となるのです。

一般的に論文には色んな種類があり、また論文の質も格付け(Evidence Level)があります。

Evidence Level はさまざまな出版物によって分類が異なるため、

ここでは、AAP(米国歯周病学会)のAnnals of Periodontologyで採用された分類に準拠します。

Evidence Level 1  :少なくとも1つのランダム化比較試験(RCT)を含む論文

Evidence Level2-1 :良くデザインされた非ランダム化比較試験を含む論文

Evidence Level2-2 :良くデザインされた1つ以上のセンターもしくはリサーチグループによるコホート研究もしくはケースコントロール分析研究

Evidence Level2-3 :非実験研究(観察研究など)

Evidence Level 3   : 専門家による報告や意見、権威者の経験


またエビデンスの推奨度も明確にされており、推奨度(リコメンデーション)を決める際には下記の要素があるとされています。

エビデンスレベル,コスト,臨床医の経験&能力,地域性,医療設備の整備状況,保険適用の有無,患者の価値観&嗜好

evidence_level.jpg

【関連するブログ】

科学的な歯科治療(part 7)

科学的な歯科治療 (part 5)

歯周病治療の最新治療と正しい知識

診療時間

         
         
         
         
         
         
         
[火水木]10:00〜13:0014:00〜19:00
  18時30分 最終受付
[金土日]10:00〜13:0014:00〜18:00
  17時30分 最終受付
[休診日]月・祝日

自由が丘 田川歯科医院
158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目41-13 2F
03-3722-3115

スタッフブログ