歯科 TOPICS

BLOG

インプラント周囲炎の重症度2011.03.05

インプラントには定期的なチェックが必須であり、炎症兆候の早期発見が大切です。

2011/03/04に抄読した論文は「インプラント 治療の長期評価」と「インプラント 周囲炎に関連した骨欠損の重症度とパターン」の2本でした。

毎週金曜日はAmerican Board of Periodontologyの member である西堀雅一先生の院内勉強会にお邪魔しております。

西堀歯科勉強会 ISCT研修会

2本の論文の内容は、デンタル インプラントは高い成功率を謳っている反面、インプラント 周囲の炎症も高い確率で起こっており、炎症の重症度やパターンも様々である。

s-2011_03_04.jpg

と言う内容でした。インプラントは入れたから治療が終わったではなく、むしろ定期検診のスタートと思うようにしてください。

【関連するブログ記事】