歯科 TOPICS

BLOG

パーフェクトペリオと歯周病治療2010.08.20

またまた最近話題になっています。

うがいをするだけで歯周病を治せると言う次亜塩素酸(HClO)を主体とする殺菌作用を期待した機能水の"パーフェクトペリオ"について、日本歯周病学会から見解が出されました。

以下「パーフェクトペリオ」について日本歯周病学会の見解 より原文のまま抜粋引用

「2007年頃より、東京医科歯科大学う蝕制御学分野のグループや明海大学歯内療法学分野のグループより、主にう蝕病原細菌や実験的バイオフィルムに対する抗菌効果、根管内のスミヤー層や細菌の除去効果などについて報告しているパーフェクトペリオなる次亜塩素酸主体の機能水について。

歯周病に関する研究としては、東京医科歯科大学歯周病学分野より2009年に基礎的な研究について学会発表がなされているのみである。

この報告では、歯周病原細菌であるPorphyromonas gingivalisやAggregatibacter  actiinomycetemcomitans に高い有効塩素濃度(600pm)のPPWを作用させると殺菌効果があることが示されている。

一方で、ヒト歯肉線維芽細胞(HGF-1)およびヒト単球由来細胞(THP-1)にPPWを作用させたところ、生存細胞数が減少したが、その傷害性は同程度の濃度のクロルヘキシジンや次亜塩素酸ナトリウムと比較しても同じかそれよりも低いものであるとしている。

しかし、これらの研究はいずれも基礎的な研究で、また査読制度のある学術雑誌の論文はわずかであり、ヒト応用に関し安全性と有効性が高いレベルで示されているわけではない。また、臨床的研究についての報告はこれまでにない。

ということで効果のほどは未知だそうです。今後の研究報告に期待しましょう。

日本歯周病学会の見解へのリンク

【関連するブログ記事】
歯周病治療の最新治療と正しい知識