歯科 TOPICS

BLOG

歯周補綴治療の現在2012.06.29

過去のブログで何度もお話していますように、歯周病で奥歯を失ったままにしていると歯の病的移動が起こり、前歯が突出してきます。

この場合の治療は歯科医の持つ技術によって、治療法に差が生じてきます。
1. 突出した歯の神経を抜いて差し歯+固定を兼ねた義歯もしくはインプラント治療
2. 突出した歯を全部抜いて入れ歯もしくはインプラント治療
3. 突出した歯を矯正で後ろに戻して入れ歯もしくはインプラント治療
一般歯科、インプラント歯科、様々な技術を包括して治療する歯科のそれぞれで治療に差があります。
tooth-migration.jpg
2012年06月22日は中野区東中野で開業されている歯周病専門医 篠田 純先生の症例報告を拝聴してきました。
毎週金曜日は、American Board of PeriodontologyのMemberである西堀 雅一 先生の院内勉強会にお邪魔しております。
篠田先生は歯周病専門医でありながら矯正治療にも精通されています。
今回の症例も、高度な歯周病治療で歯を残し、矯正治療を行って、前方突出した歯と骨の形態を改善した後、歯が無いところをインプラント治療で歯を補って、咬み合わせを回復されていました。
歯を削ることも、神経を抜くことも、歯を抜くこともない見事な治療でしたが、その内容は、歯周治療、矯正治療、インプラント治療のすべてにおいて高度な治療を駆使し、綺麗な歯並びを回復させるとても革新的な治療でした。
と言うのも、このような重度の歯周病で前方に突出した歯の整直を図って補綴治療で回復させる高度な歯周病治療を行う第一人者として、ペンシルバニア大学のM. Amsterdam先生が有名なのですが、西堀雅一先生はM Amsterdam先生の下で歯周補綴学を学び、篠田純先生は西堀雅一先生から歯周補綴治療の手ほどきをお受けになっています。
M Amsterdam先生の歯周補綴治療の基本を取り入れつつ、インプラント治療を介入させた篠田先生の歯周病治療法は、残した歯を削らずに温存する21世紀型の歯周補綴治療とも言えるでしょう。
目黒区、世田谷区、大田区、東横線、大井町線、田園都市線沿線にお住まいの方で歯周病治療にお悩みの方は、自由が丘駅から徒歩3分で通いやすい歯周病専門医まで、お気軽にご相談ください。
【関連するブログ記事】
歯周病治療の最新治療と正しい知識
臼歯部咬合崩壊を伴った重度歯周病 (歯槽膿漏)の治療