歯科 TOPICS

BLOG

温故知新(患者さんとのお付き合いの歴史)2015.04.01

1994年〜2000年上目黒歯科&広尾アンキロスインプラントセンター

→2000年港区南青山 西村歯科
→2003年渋谷区神宮前開業
→2011年東京・自由が丘にて移転開業

と診療室を変えた私ですが、この歯科激戦区での診療所運営が成り立っているのも勤務医時代から現在まで定期的に訪ねてくださっている多数の患者さん方に支えられているからと日々感謝しております。
治療経験が浅い頃は、自分の治療のその後の予想やメインテナンス治療の効果など知る由も無かったのですが、治療後もずっと患者さんとお付き合いさせて頂く事で、過去の仕事評価を毎日させていただいております。
そんな症例の中の1例を今日はブログアップします。
1995年に口腔外科専門医の先生からこの患者さんの治療を引き継ぎました。
引き継いだ当時、重度の歯周病を患っていらっしゃいましたが、歯周外科治療を含む歯周基本治療を1年以上行い、歯周病の安定を確認。その後の1997年に日本で認可を受けたばかりのAnkylos Implant Systemを埋入し歯周病メインテナンス治療へと移行しました。
1178-スライド071.jpg
1180-スライド068.jpg
その後は歯周病治療経過にご満足いただけ、1997年には審美を目的とする銀歯をセラミックの歯に置き換える治療を、2004年には外傷で喪失してしまった左上奥歯の代わりにXiveインプラントを埋入させて頂き、今日に至ります。
1181-スライド079.jpg
1995年の治療開始から現在まで19年の時が経ったわけですが、インプラント周囲骨も安定していますし、セラミックの破折も無く非常に良好な状態を保ちながらお付き合いさせていただいております。
1183-スライド080.jpg
1185-スライド081.jpg
こうした良好な結果の背景には、患者さんご自身の日頃のお手入れがあるのですが、歯周組織状態のチェックを毎月させていただきながらお付き合いさせて頂いている事も良かったのかなと学ばせて頂きました。
目黒区、世田谷区、大田区、東横線、大井町線、田園都市線沿線にお住まいの方で インプラント治療でお悩みの方や長い付き合いが出来る歯医者をお探しの方は、自由が丘駅から徒歩3分で通いやすい歯周病専門医まで、お気軽にご相談ください。