歯科 TOPICS

BLOG

原因不明の歯の痛み2014.10.01

歯痛は、歯に原因を持つものと思いがちですが、歯が原因では無い痛みも実は存在しています。
歯が原因では無い痛みを非歯原性疼痛と言い、様々な理由で起ることが解っています。
歯の痛みを感じて歯医者通いをしているのに痛みがなかなか治まらない・・
そんな原因不明の歯の痛みを経験をされている方は世の中には意外にも多いのです。
近年、非歯原性疼痛を含む口腔顔面痛症状を訴える患者さんは増加する一方らしく、
2002〜2012年の10年間で5倍も増えているそうです。 
そのような状況であるにも関わらず、日本の健康保険制度においては非歯原性疼痛と言う病名さえ存在しないため、健康保険での診療が行われておりません。。
ゆえに非歯原性疼痛の存在さえ知らない歯科医は多く、歯の痛みを歯医者に理解されずに途方に暮れていらっしゃる患者さんも多いとの事です。
一刻も早く厚生労働省に対応していただけることを切に願います。
2014/09/20は玉川歯科医師会の学術講演会に参加して参りました。
南青山でご開業されている宮下裕志先生による
『痛みの特徴から主訴を解決する。やさしい診査・診断学』と言う講演を聴講して参りました。
宮下裕志先生
dr_Miyashita.jpg
先生はご専門が歯周病と歯内療法であることもあり、歯周病や歯髄の痛みの鑑別法から始まり、ご専門の歯内療法後の疼痛の出現率、非歯原性疼痛の見極めまで実に幅広い知識とエビデンスを提示されながらお話頂けました。
Frequency of persistent tooth pain after root canal therapy: a systematic review and meta-analysis.
非歯原性疼痛には実に様々な種類があり見極めの難しい疾患なのですが、その診断の勘所を実に明解に教えて頂けました。
患者さんに、「気のせいです」と言う痛みは無いと言う宮下先生のお話がとても印象深かったです。
為になるお話を聴講させて頂きました。
目黒区、世田谷区、大田区、東横線、大井町線、田園都市線沿線にお住まいの方で 、原因不明の歯の痛みでお悩みの方は、自由が丘駅から徒歩3分で通いやすい歯周病専門医まで、お気軽にご相談ください。
<div筋痛の場合、側頭筋に由来する場合は上顎のみ< div="">
関連するブログ記事