歯科 TOPICS

BLOG

マイクロスコープ治療の欠点2014.09.03

臨床の基礎を学ぶ為に卒後間もなくUCLA Extension 審美治療コースで研修し、その後は、ありとあらゆる審美治療を施してきましたが、最近はダイレクトボンディング法による歯に優しい治療を施す事が多くなってきました。
そんなダイレクトボンディング法ですが、マイクロスコープを導入してより一層巧みな歯科治療を提供出来るようになりました。
マイクロスコープによる拡大視野下でのダイレクトボンディング法治療が変わったのは、作業が繊細になった事で歯を盛り上げる行程においては作業時間が増えてしまうものの、その後の形の修正や艶出しにおいては時間が短縮出来るため、治療時間に変化は無く40分ほどでの治療が可能です。
ただ、倍率を上げるとそれだけ精巧な作業が続いてしまい、さすがに眼精疲労が溜まるので数多くの治療をこなす事は厳しいです。
術者の疲労という側面でマイクロスコープを使用しての治療は制限を受けそうです。
治療数に制限を受けるのはマイクロスコープ治療の欠点でしょうね。
今後は効率の良い使用法を試行錯誤してみます。
さて、今日もダイレクトボンディング法の治療を行いました。
30歳女性の患者さんです。
他院でダイレクトボンディング法をされたのですが、わずか1年で欠けたそうです。
For Blog_page015.jpg
過去のブログにしつこく書いていますが、ダイレクトボンディング法で用いる接着剤は歯と強固に接着する特殊な材料が必要です。
そのように強固な接着剤は保険治療の承認を受けていないため、現在は保険治療において使用出来ません。
また接着剤を塗布する際に空気が混ざってしまうと、術後の痛みが出たりレジンがすぐに剥がれる原因になるため、拡大視野下での確認作業も必須となります。
For Blog_page016.jpg
いつものようにマイクロスコープ視野下で歯の形を作りました。
For Blog_page017.jpg
最後に8倍まで歯を拡大して仕上がりを確認します。
For Blog_page018.jpg
いかがでしょうか?
普通の歯に見えますよね。
自分の治療が上達した気になってしまいます。
ダイレクトボンディング法による治療は、保険適用外の材料と確保された時間を要する事から自費診療扱いとなります。
来院前にご自身の状況、ご予算をお決めいただいた上でご来院くださいますと患者さんの状況に応じたベストの治療をご提示できますのでご検討をよろしくお願いします。
目黒区、世田谷区、大田区、東横線、大井町線、田園都市線沿線にお住まいの方で、銀歯でお悩みの方は、自由が丘駅から徒歩3分 田川歯科までお気軽にご相談ください。