STAFF

スタッフ・ブログ

イメージ写真
インプラント周囲炎とはインプラント周囲の骨が溶ける病気で、発症には様々な原因があります。

  • インプラントデザインの問題。
  • 骨に適合していないインプラントサイズの適用。
  • インプラントを埋める深さが深すぎる。
  • インプラントに付けた歯の形が不良。
  • インプラントと歯を付ける際の接着剤の選択間違いと取り残し。
  • 間違った咬合付与。
  • インプラント治療のコンプライアンスを遵守していない。

これら以外の要因でもインプラント周囲骨の骨欠損は起きてきますが、インプラント周囲炎は非常に自覚しづらく、一度発症すると歯周病よりも急激に炎症が進行するケースが多いので、インプラントの周囲に違和感を覚えた際には、早急にインプラント周囲炎治療に対応可能な歯周病専門医を受診されることをおすすめします。

毎週金曜日は、American Board of PeriodontologyのMemberである西堀 雅一先生の院内勉強会にお邪魔しております。

2013年06月21日はインプラントの埋入深さと接着剤の残留量を研究した論文を抄読しました。

The influence of the cementation margin position on the amount of undetected cement. A prospective clinical study.

インプラント治療を行った53名の患者さんで、インプラントを埋めた深さとそれによる術者の接着剤の取り残しを調査した論文です。

結果は、埋入深さが深くなるほど接着剤の取り残し量は増え、取り残した接着剤はレントゲンにも写らないと注意を喚起していました。

undetected_cement.jpg

前歯などにインプラント治療を行う場合には、骨の位置に制限を受けてしまったり審美性を向上させるために深く埋めたりします。その結果インプラントと歯をつなぐネジが目立つ為にセメントで接着する必要性が生じます。

そうなると接着剤の取り残しが発生しやすく、時間が経過するとインプラント周囲炎を発症してしまうという一連の流れが起こってくることが考えられます。

昨年のAkimoto先生のクローズドセミナー(インプラント周囲におきる炎症の原因)でもこの点を指摘しており、このインプラント周囲炎の治療にはじまり、こういった状況を避けるための治療技術のおさらいやどのようなインプラントを選択すべきかが検討されました。

目黒区、世田谷区、大田区、東横線、大井町線、田園都市線沿線にお住まいの方で インプラント周囲の炎症でお悩みの方は、自由が丘駅から徒歩3分で通いやすい歯周病専門医まで、お気軽にご相談ください。

【関連するブログ記事】













インプラント治療は通常、インプラントを骨に埋める治療とインプラントが骨に定着後の歯を作る治療とに分かれています。

インプラント治療における通常のプロトコルでは、インプラントと骨の定着を確認したのちに歯を入れますので、インプラント手術を受けてから噛めるまではある一定期間が必要になってくるのです。

インプラントと骨の定着はインプラントシステムによって違うのですが、平均すると下顎は3ヶ月、上顎では4ヶ月と言われています。ところが、インプラント治療を受ける患者さんの多くは、インプラント埋入手術後により早い歯列回復を望まれます。

そんな要望に応えましょうと早期の歯列回復また早期荷重の成功報告が様々な文献によって報告されはじめました。

インプラント治療における歯列回復および荷重のタイミングは、インプラント周囲の骨にどう影響するのか?

毎週金曜日は、American Board of PeriodontologyのMemberである西堀 雅一先生の院内勉強会にお邪魔しております。

2013年6月7日はインプラント周囲骨欠損におけるインプラント修復のタイミングの影響に関するメタアナライシスレビューを抄読しました。


本研究に合致した文献は1,640本もあったのですが、厳正な基準により最終的には11本の文献しか残らず、以下のように4つのグループに分類されメタアナライシスされました。

1.抜歯後十分な回復を待った骨に対してインプラントを埋入し、即時荷重した場合と従来の荷重をした場合の比較。(n = 6 articles)
2.抜歯後十分な回復を待った骨に対してインプラントを埋入し、即時荷重した場合と早期の荷重をした場合の比較。(n = 2 articles)
3.抜歯後十分な回復を待った骨に対してインプラントを埋入し、早期荷重した場合と従来の荷重をした場合の比較。(n = 1 article)
4.抜歯後と同時にインプラントを埋入し、即時荷重した場合と従来の荷重をした場合の比較。(n = 2 articles)

グループ1においてインプラント周囲骨欠損の差が0.09mmあったと言うわずかな差が認められたもののグループ2から4までの有意差は認められませんでした。

また11本中8本の論文が出版バイアスがかかっている恐れがあるとの事でした。

出版バイアスとは、ある研究において否定的な結果となった論文は公表されない事から、肯定的な研究結果に偏った論文が公表されているバイアスが存在すると推測される場合を出版バイアスと言うそうです。(見栄え良い歯科医院のホームページには、EBDの無い良いことづくしの治療が書かれているのもある意味出版バイアスですね。)

結論としては、インプラント周囲骨欠損の観点からはインプラント修復のタイミングの影響は認められなかったため、他の評価基準でインプラント修復のタイミングの影響を調べるべきであるとまとめられていました。

田川歯科では抜歯即時埋入インプラントは行っておりません。この文献においても2本の論文しか選択されない程、失敗するリスクが高い難しい手技だからです。

その理由は、よほどの好条件が揃っていない限り、抜歯即時埋入では歯肉のマネージメントが難しく、審美障害や感染の可能性が高いためです。

田川歯科では抜歯後4週ほど待って歯肉上皮の完成を待ってインプラントを埋入する早期埋入を採用しております。インプラント埋入時の骨植が良好な場合は1回法で埋入し、2ヶ月後の骨との定着後に歯を作る治療に取りかかります。

より安全なインプラント治療を心がけていますので、標準的な患者さんにおけるインプラント治療期間はおおよそ3ヶ月位とお考えください。

実際に田川歯科で行ったXive インプラントシステムによる早期埋入症例をご覧いただきましょう。

s_early placement_page001.jpg
s_early placement_page002.jpg
s_early placement_page003.jpg
s_early placement_page004.jpg
s_early placement_page005.jpg
s_early placement_page006.jpg
s_early placement_page007.jpg


目黒区、世田谷区、大田区、東横線、大井町線、田園都市線沿線にお住まいの方で、安全で長期間機能するインプラント治療をお望みの方やインプラント周囲の炎症でお悩みの方は、自由が丘駅から徒歩3分で通いやすい歯周病専門医まで、お気軽にご相談ください。








診療時間

         
         
         
         
         
         
         
[火水木]10:00〜13:0014:00〜19:00
  18時30分 最終受付
[金土日]10:00〜13:0014:00〜18:00
  17時30分 最終受付
[休診日]月・祝日

自由が丘 田川歯科医院
158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目41-13 2F
03-3722-3115

スタッフブログ