STAFF

スタッフ・ブログ

イメージ写真
歯科 インプラントのトラブルが多発している現状を、先日クローズアップ現代というNHKの番組が取り上げておりました。

http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3143&html=2 

番組の内容は、近年よく耳にする インプラント の治療でのトラブルが起きている歯科業界の背景を簡潔にまとめていました。

web_photo33.jpg
それによると、

インプラント 治療の契約は民事契約に基づくため、医療行政監督官庁からの介入が難しくトラブルを抱えた患者さんは国民生活センターに駆け込むことになり、その相談件数はこの5年間で2000件にもおよんだ事が先ずはじめに報告されました。

そこでNHKの記者の方が、こういったトラブルが生まれた背景を取材し調査したところ、歯科医師供給過剰によって過当競争を繰り広げている歯科医院の経営を維持するため、広告規制外であるホームページなどで患者勧誘を行う インプラント の治療に対して未熟な歯科医師が、粗利の高い インプラント の治療に安易に走っていた事が原因ではないかとの見解をされていました。

このような状況を見かねた日本口腔 インプラント 学会が 治療 ガイドラインの策定着手にとりかかり始めたという感じでまとめられておりました。


放送の中で日本におけるオッセオインテグレーションタイプ インプラント治療の先駆者であられる小宮山先生がおっしゃっていたのですが、「様々な術前診査をしてみるとインプラント治療が問題なく行える患者さんは少なく、 インプラントを埋めた後に起こりうる 合併症 や デメリット などを十分にご説明したうえで、治療の最終決定は患者さんにお決めいただいている。」
・・まさしく私の臨床感覚と同じで共感しました。

患者さんサイドには、残存骨量、 歯周病 罹患度、 金属 アレルギー や かみ合わせ などの適用条件項目が存在しますし、歯科医師サイドにおいても、診断および施術能力、骨造成技術と使用材料、使用する インプラント システムなどによって インプラント 治療 の予後は左右されます。

顎の骨にがっちりと埋められたインプラント は実に様々な因子に影響されますし、長年経ってから問題が顕在化してきますから・・

結局のところ デンタル インプラント なるものは自分の歯とは違ったのです。
世の中ではカタカナ言葉に翻弄されていますが、「implant」は「人工的な挿入物」なのです。

体内に自己の組織以外の挿入物を埋めることを慎重になるのは異論が無いようにも思えますが・・

そもそも歯科 インプラント を必要とする方は、口腔内環境に問題がある方ですから、より慎重な対応が必要とされるのです。

と言うわけで、NHKクローズアップ現代の インプラント 治療 の トラブル 特集を視聴した私の感想は、今現在 インプラント 治療 を検討されている方、また インプラント 治療 を導入される先生方ともに、慎重なご判断をなされることが賢明ですよ。とご進言差し上げたいものだと思いました。

【関連するブログ記事】














2012年1月20日は医療従事者における「歯周病と糖尿病の関連性の認識度」を調査した論文の抄読を行いました。

web_photo17.jpg
毎週金曜日は、Amrican Board of PeriodontologyのMemberである西堀 雅一先生の院内勉強会にお邪魔しております。




今回の論文は2本ともに 歯周病 と 糖尿病 の関連を医療従事者がどれくらい知っているのかを調査した論文でした。

1本目の研究では、内科医は 糖尿病 患者の 歯ぐき が 腫れ易い 傾向にあることを認識していても、 糖尿病 患者が 歯周病 を併発することによって、 糖尿病 患者 の歯槽骨が喪失したり歯が失われることがあることを認識している 内科医 が有意に少ないというデータを示していました。

2本目の研究では、アジア諸国での 糖尿病 罹患率は欧米人に比べて増加傾向にある事を示唆したうえで、 糖尿病 治療の専門家と 歯周病 治療の 専門医 の双方から 糖尿病 と 歯周病 に相互アプローチするようなガイドラインが作成されておらず、早急にガイドラインを作るべきだと訴えていました。

糖尿病 に罹患された方は中等度から重度の 歯周病 を併発する場合が多く、より専門的な治療が必要になる場合が多い事からその治療にあたっては 歯周病 専門医による治療が推奨されます。

歯を失った後の治療は ブリッジ 、 義歯 、 インプラント 治療 のいずれかを余儀なく選択することになりますが、いずれの治療にも メリット ・ デメリット があります。
よって、歯を失わないための定期的な 歯周病 治療こそが最善の治療となるのです。

自由が丘 田川歯科医院では他科からの 歯周病 治療依頼も受け付けております。またこのブログをご覧になった方で 糖尿病 に罹患されている方は、一度 歯周病 の検査を受けられることをお薦めします。

【関連するブログ記事】

くるりんぱ

2012.01.19 |
koara.jpgこんにちは。自由が丘・田川歯科医院です。

昨年の12月に 東京 自由が丘での診療をスタートしたものの、1年間休院していた診療所内の不具合箇所が多数あり、その修繕や治療環境の改善をこのひと月以上チューニングしていたのですが、多数の方々からのお力沿いのおかげで、トイレのパウダールーム以外は味のある仕上がりになってまいりました。

そのような状況の中、本日通りに設置する置き看板が届きました!

この通りは塾通いのお子さんや小さなお子さん連れのお母様達が多い事もあって、デザイナーさんにお願いしてこのマークを使わせていただきました。

表と裏のマークの形が微妙に違うのですが、判りますか?

このマークは「くるりんぱ」と言ってマルタンさん(後藤さんご夫妻)がデザインされたものです。


上下をくるっと逆さにすると同じ絵が違って見えるという見事な逆さ絵なんです!

「物の見方はひとつじゃないよ!」と言うマルタンさんのメッセージが描かれています。

「くるりんぱ」シリーズはユネスコ世界寺子屋運動や小児ガンや重度の病気に苦しむ子供たちのための「くるりんぱワークショップ」として子供たちを勇気付ける活動をされていらっしゃいます。

usagi.jpg
ここ自由が丘 では 自由が丘デパートの通路にも色んな「くるりんぱ」たちが描かれています。

ひとりでも多くの子供たちが虫歯にならないように、ひとりでも多くの大人たちが歯周病にならないようにと願いを込めて「くるりんぱ」を使わせていただきました。

「くるりんぱ」の使用をお許しをいただきました後藤さんご夫妻には心から感謝いたします。またご協力いただきました当院のデザイナー、ラピスの原田さんにもこの場を借りて御礼申し上げます。


【前回の田川歯科の特色関連記事】
2011.12.23 


Save Sendai 311

2012.01.17 |
こんばんは。自由が丘 田川歯科医院です。

今日で阪神淡路大震災から丸17年の月日が経ちました。

ブラウン管を通してですが、17年の歳月が過ぎた神戸の街並みは、震災からの復興を遂げているようですが、被災された方々の心の傷は未だ深く残っている事でしょう。
心よりお見舞い申し上げます。

阪神淡路大震災の200倍の地震だった言われる東日本大震災では巨大津波までもが襲いました。

先日、米国歯科大学院同窓会セミナーで講演されていた安香譲次先生は、石巻の子供たちのサンタクロースとして石巻までプレゼントを届けに行かれていました。
その際の石巻の状況を公開セミナーで伝えてくださいましたが、スライドに映っていた街並みは未だ東日本大震災の傷跡が残ったままでした。東日本の方々の心の傷を思うと旨が痛みます。

何も行動起こせない私ですが、尊敬する安香先生のお役に少しでも立てればと、このブログでも安香先生グループの活動をお伝えしようと思います。一日も早い復興をお祈りしながら・・

東日本大震災 宮城復興支援


Tsunami_relief.jpg

「祈り胸に前へ」






おはようございます!自由が丘 田川歯科医院です。
乾燥した寒い日が続いておりますが、お風邪など召されていませんか?体調がすぐれない時は暖をとって早めの対策をなさってくださいね。

実は私自身が年末年始の院内の改良工事や移転開業ご挨拶などの所用に追われ風邪をひいてしまいました。

ようやく風邪も癒え、お休みしていたこのブログを今日から再開しますので、今年もよろしくお願いします。

s_seminar.jpg
さて,、1月8日の日曜診療はお休みをいただきまして、六本木ヒルズ森ビル49階にあるアカデミーヒルズにて開催された米国歯科大学院同窓会の公開セミナーを聴講して参りました。

米国歯科大学院同窓会は、米国に歯学留学された先生ばかりでは無く、ヨーロッパに留学されていた先生達も参加する会で、年に一度こうして集まっていらっしゃいます。

そしてこの公開セミナー では毎年違うテーマが決められ、補綴学、歯周学、矯正学、審美歯科学のエキスパートの先生方がご自身の症例を提示されながらテーマの考察をプレゼンテーションされ、最後に演者を含む会員や非会員のディスカッションによって問題解決をしていこうと言う企画で、非会員も毎年参加できるオープンのセミナーなのです。

今年は「 インプラント の失敗 に学ぶ」と言うテーマの下でディスカッションが行われました。

半永久的と考えれていたインプラント治療ですが、経過を追って見ると、咬み合わせ 部分や インプラン体 が壊れたり、歯茎が 炎症 を起こしたりなどの トラブルが散見され、近年では欧米で様々なトラブルが報告され始めた事から、会員全体で インプラント が 失敗する 原因の考察を行うと同時に、臨床経験を有さない先生方が インプラント治療 に偏っている近年の歯科業界へ注意を喚起しようと、今年はこのテーマでの公開セミナーとなったそうです。

欧米の歯科大学院で骨結合 インプラント治療の基礎と臨床を学び、帰国後に長年実践されてきた今年の公開セミナーの演者の先生方は、さすがと思わせるほどの沢山の症例と長期にわたる治療の経過データをお持ちでした。

その症例データから得た考察はどの分野の先生方も同じで、長期での経過観察データを分析すると骨結合タイプの インプラント による治療は、ある年数を境に様々なトラブルが誘発されるインプラントが存在した。と考察を裏付けするエビデンスを提示しながら結論づけられていました。

ですから治療にあたっては、インプラント 治療の適用が正しいか否かの正確な診断が必要なのはもちろんのこと、いざ治療する際にもretrievableな設計を心がけ、治療後も定期的な経過観察とメインテナンスを必須とする事が重要であるとの事でした。

内容を掘り下げますと、その正確な診断とは単に骨の何処にインプラントを埋めると言う話では無く、その患者さんの生活習慣、咬合状態、歯列状況、歯肉の状態、嗜好、医科と歯科の既往歴などを含めた総合的な診断が必要とされます。これは埋入経験よりも、責任もって治療をし長年にわたって患者さんとお付き合いしてきた結果の経験値が大きくモノを言いそうです。

また インプラント治療による修復物は壊れやすいので、修理がし易い設計を心がけなければなりません。インプラントには沢山のメーカーや種類があり、インプラントの種類によってもトラブルの傾向が異なる事が解ってきたのですが、その辺りの詳しい話はまた別の機会に書かせていただきます。

他にも インプラント 周囲 に 炎症が誘発される などの生体への悪影響もありますから、術者と患者さん双方ともに、インプラント 治療を選択される際には細心の注意を払って治療なされる事をおすすめします。

今年も 自由が丘 田川歯科医院はこのような インプラント や 歯周病 における最新の見解をグローバルな観点でお伝えして参ります!

【前回の西堀歯科勉強会プレゼンテーション関連記事】

患者さんに誠実な歯医者であること。

【関連するブログ記事】













診療時間

         
         
         
         
         
         
         
[火水木]10:00〜13:0014:00〜19:00
  18時30分 最終受付
[金土日]10:00〜13:0014:00〜18:00
  17時30分 最終受付
[休診日]月・祝日

自由が丘 田川歯科医院
158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目41-13 2F
03-3722-3115

スタッフブログ