STAFF

スタッフ・ブログ

イメージ写真

欧米において高度なインプラント治療は、歯周病専門医が施術するのが一般的です。

2011年9月9日金曜日は西堀雅一先生によるプレゼンテーションでした。


study_group.jpgのサムネール画像

毎週金曜日はAmerican Board of Periodontologyのmemberでいらっしゃる西堀雅一先生の院内勉強会にお邪魔しております。

Interdisciplinary Study Club Tokyo 西堀歯科勉強会



テーマは「インプラントに起こる骨吸収を歯周病学的観点から考察する。」でした。(※英題を私なりに意訳しました。)

インプラント 治療が安全な歯科治療としての地位を確立した近年ですが、形状や構造の違うインプラントがどんどん増え続け、今やその数は世界中で数千種類も存在すると言われています。

ところが驚くことに、数千種類あるインプラント体の中で臨床家や研究者によって治療予後の研究がなされ英論文として存在するのは、わずか数種類のインプラント システムだけなのです。

西堀先生はペンシルベニア大学でブローネンマルクインプラントを学ばれた以降、帰国後まもなくアストラテックインプラントを、そして近年はストローマンインプラントを臨床導入され、それぞれのインプラントの特性を活かした治療を行っていらっしゃいます。

実はこの3つのインプラント システムこそが、インプラントの源流であり、世界的にも主流となるインプラントであることは、患者さんはもちろんのこと、若い先生方もご存知無いかもしれません。

ですから世界中の臨床家や研究者によって科学的に研究されているインプラントは、この3つのインプラントであり、研究結果が信頼できる英論文が存在するのもこの3つのインプラントだけになります。

今回の西堀雅一先生のプレゼンテーションでは、この3つのインプラント システムを用いた治療経過の違いを、歯周病学分野の研究文献を引用されながら、考察されていました。

日本はおろか世界的に見ても、インプラント 治療においてトップクラスの臨床実績と結果を残されている西堀雅一 先生ですが、ペンシルバニア大学時代の師であり、歯周補綴の権威であるMorton Amsterdam先生の教えを胸に、今なお臨床の指針を常に科学的にアップデートされていらっしゃいます。

歯周補綴治療25年経過を記したMorton Amsterdam先生の教科書を見ると、

_One of our great difficulties in dental education has been to develop "biologically-oriented"clinicians. 

A "biologically-oriented" clinician is not a Ph.D. in basic science who also dabbles in clinicical practice or a clinician who dabbles in pseudo- resarch. Rather he should be a clinician ,totally knowledgeable about the basic science aspects of his field, who intelligently uses this information in the treatment of his patients and their relevant problems. _
と書いてありました。


かたくなにこの教えを守り、患者さんへ最良の治療を追求しつづける西堀雅一 先生。

その臨床姿勢に憧れ,先生の考えや経験をもっと吸収して自分の臨床にフィードバックしたいという思いが高まった勉強会でした。

【関連するブログ記事】












抜歯後に骨の吸収が起きると、その後にインプラントを埋めることが困難になる場合があります。

骨吸収を防ぐために早期にインプラントを埋める事は果たして効果があるのか?最近の考え方を抄読しました。

2011年9月2日金曜日はアストラテック インプラント システムに関する論文を抄読しました。

毎週金曜日は、American Board of PeriodontologyのMemberである西堀 雅一先生の院内勉強会にお邪魔しております。

Interdisciplinary Study Club Tokyo 西堀歯科勉強会

一本目の論文は上顎の単根歯を抜くと同時にインプラントを埋入することによって骨の吸収を抑制することが可能であると言うこれまでの定説の検証と、骨との間隙が少ないインプラント 形状を選択することが骨を温存する上で望ましいという定説を検証したイエテボリ大学の研究でした。

結論は、「抜歯と同時にインプラントを埋めても歯槽骨頂の幅は、ある程度減少してしまう。」と結ばれていました。つまりはソケットプリザベーションなんて出来ないよと言う内容だったのです。

2004年にChen 等によって、抜歯した後即時に埋入するインプラント 治療の高い成功率を綴ったレビューが発表されて以降、インプラントと骨の隙間はより狭い方が望ましいと言われていましたが、本論文はインプラントと骨の間隙がより大きい方が、血餅の安定が図られるので成熟した骨が出来やすく、インプラント 周囲の骨の温存につながると言うこれまでと正反対の仮説を立てた研究でした。

その仮説を裏付けるように本研究では、幅広いインプラントの周囲よりもストレート インプラントの周囲の方が、骨とのギャップを回復させていました。

インプラント システムの違いによって、研究結果が変わってしまう事は周知の事実ではありますが、Xive システムとAnkylos システムを導入している私の臨床においても、この研究の仮説に近い感覚を得ています事からこの論文は大変興味深く読ませていただきました。
web_photo33.jpg

今月で12年目を迎えた西堀歯科勉強会への参加でしたが、米国歯周病学会認定の歯周病 専門医であり、六本木ヒルズ西堀歯科の副院長を務めていらっしゃる菅野先生からは、この研究論文が発表された背景を判りやすく説明していただけましたし、座長である西堀先生からは過去の定説が生み出された歴史背景や今回の研究論文の正当性の見解を説明していただき、この論文の理解を深める手助けをいただきました。

また西堀歯科医院の若い医局員の先生方もこの論文の実験デザインにおける問題点や疑問点を活発に検証されており、この会のエビデンスレベル高さを再認識することも出来ました。
12年目の今年も可能な限り参加させていただこうと思っております。

【関連するブログ記事】














診療時間

         
         
         
         
         
         
         
[火水木]10:00〜13:0014:00〜19:00
  18時30分 最終受付
[金土日]10:00〜13:0014:00〜18:00
  17時30分 最終受付
[休診日]月・祝日

自由が丘 田川歯科医院
158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目41-13 2F
03-3722-3115

スタッフブログ