STAFF

スタッフ・ブログ

イメージ写真

臨床歯科医師研修コースである国際デンタルアカデミー(IDA)に通っていたのは1994年ですから、研修したインプラント治療法はブローネンマルクインプラント法による2回法のシステムでした。

branemark_certificate.jpg
福岡歯科大学の先輩にあたる一田英二先生とDental Concept21を主催されている中村社綱先生から、インプラントにおける科学的知見と歯周病学的外科手技の基礎を学び、インプラントの咬合に関しては、もちろんUCLAの保母 須弥也先生に、ご教示いただきました。

インプラントにおける軟組織扱いの重要性とオッセオインテグレーションの確立、そして咬合の維持。

この時に現在の私のインプラント治療における基本を学ぶことができたのでした。

【関連するブログ記事】


当然なのですが、ブレードタイプ インプラント 治療の矛盾はひとりで解決するしかありませんでした。

ちょうどその頃、大学で解剖学を教えてくれた先生と再会したのでした。

その先生に、インプラント 治療技術習得での悩みを聞いていただいたところ、とある歯科医学機関に通うことをアドバイスされました。

その歯科医学機関とは、UCLAで補綴学の教鞭をとっていらっしゃった保母 須弥也先生が主宰され、幾多の精鋭歯科医師を輩出した国際デンタルアカデミーだったのです。
 
国際デンタルアカデミーは、咬合、局部義歯、オッセオインテグレーションインプラント、審美補綴といったアメリカの歯科治療レベルの歯科補綴学を日本に居ながら勉強できるUCLA大学歯学部補綴講座のExtensionコースの場を提供していました。
 
ida.jpg1年間の短いトレーニングではありましたが、科学的な根拠を伴った技術講義を聞くのは、すごく面白く、またその学んだ事を来る日も来る日も実践しながら、補綴臨床に夢中になれる日を過ごす事ができました。
 
フルマウスリコンストラクション(全顎治療)主体ですから、中心位採取に始まり、フェースボートランスファー、咬合器付着後、ワックスアップ、前歯誘導咬合の付与、リマウント、中心位チェックなどなど・・今の臨床の基本になっていることばかりです。
 
エビデンスと臨床の整合性を検証する日々でしたが、すごく充実した日々を送ることができたのです。

【関連するブログ記事】



インプラント治療の最新治療と正しい知識


口腔単位の治療とは下顎、上顎ともに削ってかぶせて治療すると言う治療法です。

奥歯が2本無い状態の顎にブレードタイプのインプラントで治療する際には、他の健全な歯を全部削ってつなげて支えないといけませんでした。

また、つなげる作業中に歯が凍みるのを避けるために、歯の神経も抜きなさいと教えられました。

question.jpg

健全な歯を削る事、削る事によって噛み合わせを破壊する事、そして炎症反応の無い神経を抜く事・・

私はこの一連の治療に医療行為としての矛盾を感じました。

この治療の必要性は?

入れ歯の代わりに治療するブレードインプラント治療の正当性を来る日も上司に問いかけましたが、その答えが返ってくることはありませんでした。


【関連するブログ記事】

インプラント治療を習得するまで(part 4)

インプラント治療を習得するまで(part 2)

インプラント治療の最新治療と正しい知識



学生時代の恩師によりインプラント治療に酔倒した私は、卒業後すぐ日本歯科インプラント 学会の会長が補佐を務めると言う福岡のクリニックに就職しました。

 
ところが、そこで使用していたインプラント は大学で学んだオッセオインテグレーション インプラントでは無く、ブレードタイプ(リンコー) インプラント と言うタイプの インプラント でした。
 
Linkow_implant.jpgオッセオインテグレーションとは骨結合を意味するもので、一度成功すれば、抜けた歯根と同等もしくはそれ以上の負荷にも耐えうるのですが、ブレードタイプの インプラント は骨との結合が確立せず、隣の歯や多数の歯と インプラントを連結しないと機能しないオッセオインテグレーションとは全くの別物のインプラント治療でした。

よってブレードタイプ インプラント の術式は、他の歯と インプラント を連結する範囲が大掛かりになり、1口腔単位での治療を余儀なくさせられました。

ブレードタイプインプラント は、歯の代りに使用するには程遠い、入れ歯の支えでしか無かったからなのです。

【関連するブログ】




診療時間

         
         
         
         
         
         
         
[火水木]10:00〜13:0014:00〜19:00
  18時30分 最終受付
[金土日]10:00〜13:0014:00〜18:00
  17時30分 最終受付
[休診日]月・祝日

自由が丘 田川歯科医院
158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目41-13 2F
03-3722-3115

スタッフブログ